自分に合った車検で納得の価格を実現する方法はこれ!

自分で整備項目を判定する

車検は最低限の法廷検査を合格すればいいのです。そのため、交換部品をへらすことで、部品代と交換工賃を削減することができます。ユーザー車検といって、整備士と実際に車の状態を一緒に確認しながら、交換部品をアドバイスしてくれるのですが、自分で判断することで価格をコントロールできます。例えば、タイヤがもうすぐ寿命と言われたら、乗る頻度を自分で判断して年間走行距離が短いのであれば交換を見送るといった判断ができます。その日に持って帰ることができますので、車生活に支障がありません。

割引制度をフル活用する

車検業者では、いろいろな割引プランがありますのでそれらを組み合わせることで最大限の値引きが実現します。まずは、インターネット割引で、ネットを使って予約することで受けられます。また、早割りがあり、車検切れの1か月前の予約など早くすることで受けられます。ほかにも、車の持ち込みや引き取りを自分で行ったり、代車が不要であったりと様々な指定の条件を満たすことで受けられます。業者によって異なりますので事前に調べておくことが重要です。

特典サービスを受ける

車検業者のサービスを利用することができます。例えば、カーショップであれば、ポイントが増額であったり、オイル交換などある整備項目が無料になります。ガソリンスタンドであれば、量を限定してガソリン単価の値引きがあります。ほかにも、旅行や家電などのプレゼントキャンペーンやトイレットペーパーや洗剤などの粗品の贈呈があります。

車検が切れた車両で違反を起こすと無車検運行違反6点となり、更に自賠責保険切れだと無保険運行違反6点が科され、違反前歴次第では免許取消になる可能性が高いです。また事故を起こした場合一切保険はおりません。