電動工具の使い方は工夫次第!工具にあったガイドを使おう!

DIYに必要な工具は何?

日曜大工は昔から男の仕事として各家庭で行われていたと思うのですが、十数年前からDIYという呼び名に変わってきていますよね。もっと新しい言葉だと、DIY女子なんていう言い方もありますよ。DIYは海外で言うところの日曜大工で、ドゥーイットユアセルフの頭文字を取っているんです。つまり、自分でやろう!…みたいな意味で自作することを指してるんです。やり方は様々にあり自由でいいんですが、電動の工具を揃えておくと作業が格段に進みますよ。

電動工具を使うと美しく仕上がる

穴を開けるにしろ、切断するにしろ、電動工具を使えば本当に一瞬だし、疲れないし、何より奇麗に仕上がります。組み立てる際に直接ネジを打ち付けるのもありですが、インパクトドライバーなどを使って、一回り小さめの穴を開けておくとネジが真っすぐ入っていきますよ。電動工具の使い方は人それぞれだと思うのですが、便利な電動工具をさらに使いこなすためのアイディアを試してみるのもいいでしょう。

使う時には真っすぐが基本

電動工具はスイッチを押せば自動に動いてくれます。だからこそ初めの位置が狂わないように出だしが肝心です。真っすぐに切れる丸ノコだって、合わせる線がズレていれば意味がありません。ドリルドライバーで開ける穴だって、水平垂直にセットされていなければ曲がってしまいます。電動工具を使いこなすためには、真っすぐに合わせて動かすことが大切なんですよ。そのために良く使われるのが電動工具のための「ガイド」です。直線の棒に沿わせたり、あらかじめ垂直に貫通した穴にビットを差し込んで使うと、見事な仕上がりになりますよ。

古い電動工具の処理を考えたなら、買取に出すのがよい方法です。電動工具の買取業者は多くいるので、割合早く売却することができるでしょう。