楽しむ事が一番、快適演奏トランペット生活

慣れるまでは大変だけどリラックスして練習しましょう

トランペットが演奏出来たらかっこいいなと考えている人は多いと思います。吹けるようになるためにはある程度練習しなければならないため、難しいのでは、と諦めている人もいるでしょう。しかし、正しい練習方法で定期的に練習をすれば上達し、楽しくみんなで演奏できるのがトランペットです。練習方法としては、息の吹き方、指の動作、楽譜が読めるかが主なポイントになります。

息の吹き方は、トランペットに付いているマウスピースで練習する事です。、音の出し方(音の強弱・上下)を身につけましょう。その過程で、口周りの筋肉が鍛えられ、唇の使い方などが出来るようになります。指の動かし方では、どの指でトランペットを支え、どの指でどのピストンをおさえるのか、いわゆる運指を体感する事が重要です。リラックスしながら反復練習するのがポイントです。楽譜については、音楽経験の浅い人は簡単な楽譜から読めるようにしましょう。

初心者向け・上級者向けレベルに応じて購入しましょう

トランペットを選ぶに当たって、慣れている人でしたら、ピストンの作動や抜き差し管の作動、素材や気密性などを試奏しながら引き比べる事が可能でしょう。しかし、演奏した事のない人が選ぶというのは至難の業です。独学にこだわる人でなければ、トランペット教室に通い、先生に選んでもらうのがベストです。できるだけ独学で演奏したいと考えている人は、各メーカーから初心者向けのものが販売されていますので、そのようなタイプを購入して練習しましょう。趣向に応じてサークルなどに入って演奏会を開催したり、音楽教室であれば発表会に出てみると、腕試しになり上達にもつながります。それぞれのトランペットライフを楽しんでください。

トランペットは古くからある楽器で肺活量を必要としますが、小学生から大人ではプロ奏者がいるほど広い世代に親しまれている楽器です。